History

GINPOの歴史

私たちは、もともと土鍋だけを
作ってきたのではありません。
食事の時間も惜しんで
乳鉢で原料を擦る日々があったり、
長年の研究の末に出来上がった「花三島」も
初めは売れなかったりもしました。
先人の苦労と挑戦により、
現在に渡って築き上げられた銀峯陶器、
その歩みをご紹介します。

陶磁器卸をしていた初代・熊本捨松は、品質の高いものづくりを目指して窯を開く。
自ら納得できる原料を選んで土を作り、釉薬を開発。品質にこだわる銀峯の哲学はここから始まる。
製造品目は土鍋だけでなく、食器、戦時中は化粧品用の瓶などバラエティに富んでいた。

image desc
1932

陶磁器の卸をしていたが、当時は質の高いものがなかった。
初代 熊本捨松は「品質の高いものづくり」を目指して、
「萬古新興窯業所」を創業
食器・土鍋・花器などを主として製造を開始

image desc
1955

陶芸作家などに使用される、貫入と呼ばれる
釉薬の細かいひび割れを安定して作り出す
量産技術を初代が確立し、「墨貫入」を発表

image desc
1961

工場の効率化を図るため、
60mに及ぶレンガ造りの本焼成トンネル窯を導入

耐熱原料を入れ、火にかけても割れない土鍋が普及した事で、「墨貫入」シリーズが人気となる。
一方、当時の土鍋は白地に絵柄が一般的だった中、2代目・熊本哲三は三島技法を取り入れた「花三島」を開発。
供給が追い付かないほどの人気商品となり、土鍋のスタンダードと呼ばれるまでになった。

image desc
1964

山の頂にずっと残っている
万年雪のように永続することを願い、
「銀峯陶器株式会社」へ社名と組織​を変更

image desc
1972

抹茶茶碗のような高級品にしかなかった三島技法を取り入れ、
一般家庭に届けたいという2代目の着想から、
”土鍋のスタンダート”と呼ばれるほど
人気となった「花三島」が生まれる

花三島を引き継いだ3代目・熊本哲弥は、機械と人の手をバランスよく配置した生産ラインを作り上げる。
職人の勘どころではなく、明文化して技術を継承するシステムを構築し、ISO9001も取得。
ロングセラー商品を守りながら、使い手の声に耳を傾け、時代の流れに沿った新たな調理機器としての土鍋を開発する。

2000

土鍋メーカーとしては初の
ISO9001(品質マネジメントシステム規格)を取得

image desc
2009

IH対応土鍋
「プレート方式」の​特許取得

image desc
2012

世界初の研磨加工を施した無水調理土鍋
「BLISSIO」を発表

image desc
2016

”人と具を樂部”(ひととうつわをたのしむへや)をコンセプトに、
ギャラリー&ショップ「銀峯倶楽部」を​オープン

image desc
2018

初の料理人とのコラボ商品
​亶-SEN- を発表

創始 傑作 革新