土鍋の上手な使い方

  • 鍋の使い方
  • IH対応鍋(プレートタイプ)の使い方

ご使用前に必ずお読み下さい。

使用上の注意

トラブルの原因になります。

  • 天ぷら・フライ等の揚げ物はもちろん、油は使用しないで下さい。
  • 土鍋をテーブル等に置く際には、鍋敷きをご使用下さい。

火傷などけがの原因になります。

  • 加熱した土鍋に触れる際は、鍋つかみ等を使用し、蓋穴からの蒸気にご注意下さい。
  • 電磁調理器のトッププレートは、使用後高温になっているのでご注意下さい。
  • 沸騰時に鍋の中の水分のアワが飛び跳ねることがあります。火傷にご注意下さい。

破損の原因になります。

  • 空炊き、炒める等の調理をしないで下さい。
  • ぶつけたり、落とすなど強い衝撃を与えないで下さい。
  • 電気コンロ(ニクロム線)を使用の際には、ヒーター部分との間隔を1cm以上あけて下さい。
  • フリーザー(冷凍庫)に入れた時は、解凍してから火にかけて下さい。

カビ・ニオイがつく原因になります。

  • 使い始めより5回程度のご利用までは、濃い味付けの料理は避けて下さい。「ご使用の前の処理」を必ず行って下さい。
  • 土鍋の中に食材等を入れたまま放置しないで下さい。
  • ご使用後はよく乾燥させてから収納して下さい。
  • 浸け置き洗いは避けて下さい。

コゲつきの原因になります。

  • 陶器の風合いと遠赤外線の効果を生かす為に、土鍋の表面にはコーティングなどの処理は行っておりません。この為、加熱したまま食材を放置するとコゲ付く場合があります。調理中の火力及び具材のかき回しなどに気を付けて下さい。

※土鍋には吸水性が有る為、コゲ付き等により、跡が付く場合があります。

check!
  • ※調理中に、電磁調理器のトッププレートに水滴がつく場合がありますが、異常ではありません。「ご使用前の処理」、また使い込むことによって、この現象は改善されていきます。
  • ※調理中に、「ブーン」、「ジー」などの共振音がすることがありますが、異常ではありません。鍋の位置をずらすか、置き直すと止まることがあります。

ご利用前の処理

土鍋は、特性として吸水性があります。吸水性は汚れ、ニオイ、カビの原因になります。
最初に下記の処理を行って下さい。

  1. 鍋に八分目ぐらいの水を入れて沸騰させます。
  2. 沸騰したら、弱火にし、小麦粉を水で溶いて入れ、よくかき混ぜて下さい。
  3. 弱火で5分程度煮て、火を止めてそのまま冷めるまで置いておきます。
  4. きれいに洗い流し、一度乾燥させてからご使用下さい。
鍋の大きさ小麦粉の量
7号大さじ1杯
8号大さじ2杯
9号大さじ3杯
10号大さじ4杯
  • ※この処理だけで土鍋のトラブルを完全に防ぐことはできません。上記の注意事項もお守り下さい。
  • ※土鍋にだし汁等が吸水された場合、外側からしみ出してくる場合がありますが、これはだし汁等が 凝縮されて黒くなったもので、土鍋から有害な物が溶け出したのではありません。
発熱プレートについて