会社概要

土鍋の国産トップブランドの銀峯陶器株式会社

創業以来、不変のデザインと抜群の耐久性で業務用・家庭用問わず親しまれている銀峯陶器は、
原料仕入れから一貫生産にこだわり、新システムを導入して製造しております。

社名銀峯陶器株式会社
住所〒510-0802 三重県四日市市三ツ谷町13-25
生産能力年間100万個
工業延床面積約1500坪
従業員30名
代表取締役社長熊本哲弥
TEL059-331-2345
銀峯陶器株式会社

検査・品質管理システムについて

厳しい専門機関の検査や社内検査を続けるなか2000年には、ISO9001を認証取得。(認証機関はDQS Japan Inc.)
品質管理システムを強化し、消費者の方々に安心して使って頂ける製品づくりに励んでいます。

  • 報告書
  • 報告書
  • 報告書
  • 報告書
  • 報告書
社内での熱拡張検査

社内での熱拡張検査

社内での水漏れ試験

社内での水漏れ試験

社歴

創業者(熊本捨松)が事業を開始。
創業の地を三ツ谷(現在の四日市市三ツ谷町)とし、木造の工場からスタート。

昭和7年名称を萬古新興窯業所としメーカーとしてスタート。
昭和17年有限会社萬古新興窯業所に変更。
昭和35年銀峯陶器有限会社に変更。
昭和39年銀峯陶器株式会社とし組織を改め、品質の向上と商品の安定供給のため、新システムの導入および研究開発に邁進、現在に至る。

社訓

  • 一、反省は向上の基
  • 一、品質向上は幸福を生ず
  • 一、誠実は信用の基
  • 一、研究努力は発展を生ず
  • 一、質素は安定の基
  • 一、積穂報恩は永続を生ず
製造工程
詳しく見る